どうして低いのか?

住宅ローンのメリットは、金利が低いところになります。
金利が低いということは、自分への負担が少ないことになりますし、返済計画通りにすれば順調に返済することができます。
このローンは、契約した時点で全額融資してもらって、不動産を購入への支払いになります。
その為、自分の手元に残らないので、不動産に対しての金額のみ借りることになります。

しかし、不動産を購入するということは決して安い金額ではありません。
だから、どうして金利が低いのか分からないという人もいるでしょう。
金利が低い理由というのは、まず目的がはっきりしているからです。
無担保ローンなどは、限度額までなら一度契約すると何度も融資してもらうことができます。
それに、明確な理由というのは住宅ローンのようにありませんので、法的な手数料なども存在しません。
ですから、その分金利が高いので金額が高いと元金が中々減らないという場合もあります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2017年9月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930